物流
物流サービスも時代が変わる毎に進化しており、一昔前では考えられなかったサービスが続々と登場しています。
基本的な物流サービスから新しいサービスまで、いくつかその種類をご紹介していきましょう。

輸送

物を運ぶ基本的な物流サービスがこの輸送です。自動車、鉄道、飛行機、船舶などの輸送手段を使って指定された場所へ運びます。
言うならば、皆様が普段からよく目にしている物流サービスがこの輸送ということになります。
効率性だけではなく、地球環境や経費節減のことを考慮した物流サービスです。

輸送前の梱包

目的の場所への輸送が完了したとしても、その物が破損したり傷ついたりしては意味がありません。
そこで必ず必要になってくるのが輸送前に行われる梱包作業であり、輸送時や搬入出時の衝撃にある程度まで耐えられるように梱包します。
精密機械やガラス製品など壊れやすい物に関しては特に念入りな梱包が必要です。

情報管理

情報管理
輸送状況がどのようになっているのかを、輸送会社のセンターで一括管理するのがこの情報管理です。
例えば国際郵便サービスでお馴染みのEMSでは、インターネットで管理番号を入力することにより、「税関通過中」「空港出発」「配送センター到着」など、リアルタイムで輸送状況を知ることが出来ます。
これは物流サービスにおける情報管理がきちんと行われているからこそのサービスです。
情報管理によって、私達は安心して輸送を依頼することが出来ます。

保管

輸送した荷物を、一時的に保管しておくサービスのことです。
物流には輸送時期の調整も必要不可欠であり、これも物流会社にとっての仕事の範疇となります。
その間に荷物の紛失や破損することがないように、しっかりと保管しておかなければいけません。
また、生物や冷凍食品などを保管する場合には、冷凍や冷蔵保存するなど、輸送時の品質そのままの状態で維持しておく必要があります。

再配達までの保管

配達をしても何かしらの理由で受取人が不在のケースも多くあります。そのような場合でも荷物を放置しておくわけにはいきません。
万が一、受取が完了出来なかった場合には、再度保管場所に戻し、再配達が行われます
忙しい現代人にとって欠かすことの出来ない物流サービスと言えるでしょう。

即日輸送

通常の輸送ですと、数日から数週間程度で目的地へ配達されますが、最近では輸送の受付をしたその日のうちに目的地へ配達してくれる即日輸送も増えてきました。
大手ネットショッピングサイトであるAmazonが有名で、条件が満たされていれば、数時間後には指定場所へ届けられます。
進化する物流サービスの中でも非常に画期的なサービスと言っても過言では無く、私達の生活がより一層便利になりました。

即日輸送の問題点

確かに即日輸送は便利な物流サービスではありますが、その結果ドライバーの負担が大きいという問題点があります。
たった一つの小さな荷物でも輸送しなければいけないこともあり、コスト負けすることも多くあるようです。
今後新しい物流サービスであるドローンを使った配達が確立することで、この即日輸送も飛躍的に効率化すると予想されています。

以上のように、ただ単に物流と言いましても、「梱包」「輸送」「保管」などの基本的なことがベースとなっています。
これは一般家庭における配達はもちろんのこと、大量の荷物を運ぶ企業の物流にも同じことが言えるのです。
基本的な物流サービスの他にも、今後はさらに様々なサービスが出て来ると思われます。
「モノがあるところ物流アリ」の言葉通り、物流サービスは私達の生活にますます欠かせないものになっていくでしょう。