運送業
運送業というと「荷物を運ぶ仕事」「宅配便のようなもの」だと考える人が多いと思います。

実際のところ、運送業とは法人や個人から手数料(送料)を受け取って、目的地まで人や荷物を運ぶ仕事のことを言います。

しかし、同じ「荷物を運ぶ仕事」をしている業者でも、運送業とは呼ばないものが存在します。ここでは運送業がどういう仕事なのかをご紹介します。

運送業ってどんなことをしているの?

前述したように運送業とは荷物や人を運ぶ仕事ですが、荷物の場合は荷受けや庫内での仕分けなどの作業も運送業の中に含まれます。
私たちが目にすることが多いのはすでに仕分けされた荷物を運んでいるトラックや配達者ですが、見えないところでも非常に多くの作業がなされています。
裏方作業を含めて、荷物や人を運ぶ事に携わる業務全般を運送業と呼ぶのです。

どんな運び方があるの?

荷物や人を運ぶ方法は多くありますが、使われる経路によって「陸運・空運・海運」に分けられています。
一番私たちに身近で目にすることが多いのは陸運で、車を使って近距離や内陸部への小口の運送を得意としています。
人を運ぶバスやタクシーの業務、鉄道業務も旅客に分類される運送業の1つだとされています。
長距離の運送には空運(航空機)や海運(船舶)が使われることが多く、海外や遠方からの荷物はどちらかの方法で近くの空港や港まで運ばれます。

例えば、スーパーなどに並ぶ海外産の食品などの多くは海運で運ばれています。
いずれの運輸方法も現代社会では必須といえるものであり、私たちの日常生活を支えています。

運送業ではどんなものでも運んでくれる?

運送業は利用者のニーズに合わせて幅広く輸送を行っており、特定の貨物を専門に扱う運送業者も多く存在しています。
食品や飲料品を得意とする業者もあれば、貴重品や現金の輸送を専門的に行っている業者もいます。
特に価値の高い貨物や大型の貨物は身近な運送業者では対応してくれないことも多く、専門の運送業者に頼まないと行けない場合があります。

身近な運送業者では運んでもらえないもの

コンビニエンスストアや郵便局で頼める運送では意外と運ぶことがNGになっているものが多いのをご存知ですか?
一般の荷物として送ってはいけないとされているものはまずは「現金・小切手・手形」などの有価証券です。
他にもクレジットカードやパスポートなどの貴重品、再生が不可能な図案やフィルム類などはトラブル回避のため断られることが多いです。

法に触れるものや危険物(銃砲刀剣や発火性のあるもの)もNGで、こうしたものの輸送は専門の業者に依頼しなくてはいけません。
また、業者によって対応出来る荷物の重さやサイズにも限界があるため、大きく重たいものの運送をお願いするときは依頼先に確認する必要があります。

運送業と配送業の違いは?

トラックの運転手
「運送」と「配送」は非常に言葉が似ていて、「荷物や人を運ぶ」という点では全く同じ業務をしています。
違いは「国からの許可を得ているかどうか」という点にあり、運送業の場合は必ず国からの許可が必要になります。
殆どの場合は認可を得ている運送業者ですが、「配送業」と表示されている場合は国から許可を得ていないか、運送業全般を配送業と呼んでいる可能性があります。

許可を得ないで行う運送は違法

日本には運送に関する多くの法律が存在し、運ぶものによって免許や許可が必要になります。
有名なものだと人を運ぶタクシーやバスは「普通自動車第二種運転免許」や「大型第二種自動車運転免許」がそれぞれ必要になります。
普通の荷物を運ぶのにも国からの許可が必要で、その許可を得ずに配達業務などをしていると罰せられます。

国からの許可を得ているかどうかを見極める一番簡単な方法は車両のナンバーで、緑や黒であれば運送業として認可を得ている業者です。
白いナンバーで多くの配送を行うのは運送法の違法になるので、そのような業者はあまり利用しないほうが良いかもしれません