物流
物流業界には、業界内の人でなければ知っている人の少ない独特の専門用語が存在します。
では、どういったものがあるのでしょうか?
ここでは、数多くある物流専門用語の中からいくつかをピックアップして紹介したいと思います。

インボイス

インボイスというのは、請求書のことを指します。
輸出や輸入を行う時に主に使用されており、物品明細書や価格計算書などがこのインボイスに該当します。

インボイスは、いくつかの種類に分かれています。

プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイス

プロフォーマインボイスというのは、商取引において見積書として使用されます。
輸入する側は、プロフォーマインボイスを事前に送ってもらうことで、海外からの品物の輸入認可を国から受けることができます。
外国為替における規制の厳しい国などにおいて使用されることが多いです。

また、コマーシャルインボイスというのもあります。
貿易の商取引などにおいて使用される送り状の一種で、一般的にインボイスといえばコマーシャルインボイスのことを指す場合が多いです。
海外へ商品を発送する場合に、輸入する側が求めてくるインボイスはこのコマーシャルインボイスです。
売却した側から購入した側への請求書として使用されており、貨物の検査などに用いられます。

シッピングインボイスとカスタムズインボイス

シッピングインボイスは、航空便やトラック便などで荷物を発送する場合に使用されます。
出荷案内兼代金請求書として使用されるのですが、コマーシャルインボイスに比べると請求書としての働きはあまり強くありません。
請求書として使用するのであれば、コマーシャルインボイスの方がより強い働きがあります。

カスタムズインボイスは、輸出を行う人が作成をする税関用のインボイスになります。
輸出品が正しい課税価格において取引されているのかどうかを税関に対して証明するために使用されます。
英連邦諸国に対して輸出を行う時には必要になるものです。

ドレージ

陸送
ドレージは、品物を輸入する際に、20フィートから40フィートのコンテナを使用する中長距離輸送を指します。
この輸送においてかかる料金をドレージ料金ともいいます。

ドレージなら安価で荷物を届けられる

ドレージは、海外から輸入された荷物が積まれたコンテナを、そのまま目的地まで陸送します。
そのため、時間的にも早く、そして安価で荷物をスムーズに届けることができる、というメリットがあります。

しかし、トラック輸送とは別の料金体系で運用されることが多いため、通常は別途見積もりが必要になります。

トレーサビリティ

トレーサビリティという言葉には、飼育、加工、製造における過程を全て明白にするという意味があります。
もしくはこの過程を明白にするシステムのことを指します。食品安全確保といった目的のもとに取り入れられています。

物流におけるトレーサビリティ

物流におけるトレーサビリティは、その品物がどこから、どのくらいの量、いつ入荷して、いつ配送・納品されるのかといったことを示す意味があります。
追跡サービスもその1つで、今現在、品物がどこにあるのかを追跡することができます。

車上渡し

車上渡しは、ドライバーが荷物などを目的地まで運んで行き、荷台から下ろす時に、受け取る側のサポートを受ける納品方法になります。

軽いものであれば良いのですが、重い物やできるだけ揺らさずに運ぶべきものにおいて使用されます。

軒下渡しとの違い

軒下渡しは、ドライバーが品物を受け取る人の自宅の玄関、もしくは入り口まで運びます。
しかし、家屋の中に運び入れたりといったことは受取人が行うことになります。
受け取る側が荷降ろしをサポートするのか、それともサポートしないのか、といったところに違いがあります。