トップメッセージ

代表取締役 会長 玉山 貴章

物流は人に例えると「血液」です

国内貨物輸送の90%以上をトラックが担っており、私たち物流企業はとても重要なポジションを社会から任されています。
血液が止まってしまえば人は生きられないのと同様、物流がストップすれば経済も止まり、人の生活は大変不自由なものになります。物流業は日本経済を支えていると言っても過言ではありません。
そんな物流業には、大きな問題があります。
物を運ぶドライバーの成り手不足です。少子高齢化による労働力の減少、免許制度改正による普通免許で運転できる車種の制限、コンプライアンス強化による労働時間短縮=収入の減少、そして未だにこの職種に「3K」イメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし、逆にコンプライアンスが強化されたことによりドライバーにとって労働時間は年々短縮し、待遇改善が進んでいます。

丸玉の要となる、3つの基本原則

物流業を営む私たちが最も大切にしていることは、安全最優先、コンプライアンス遵守、輸送品質向上の3原則です。
公道を利用し物流業を営む私たちが、安全を最優先し、事故のない企業を目指すことは事業を継続していく上で当然のこと。コンプライアンス遵守が輸送品質の向上に繋がります。
地道な取り組みにはなりますが、「自由で稼げる、だけどキツい業種」から「安定して無理なく長く続けられる業種」にシフトチェンジする活動を今後も続けていきます。

社員と成長し、物流のモデル企業を目指す

私たちがもっとも大切にしなくてはいけないのは、会社を支えてくれている多くの社員です。安全、安心して働ける環境があることでお客様にいいサービスを提供でき、それがお客様満足に繋がります。その先には安定した仕事、適正運賃収受があり、結果、それを社員に還元できるという好サイクルが生まれるはずです。人が集まりにくいと言われている物流業ですが、私たち丸玉運送グループはそんな好循環を創り出すことで物流のモデル企業を目指していきます。
これからは信用・信頼される本物の企業だけが残る世の中になるでしょう。私たちもその一員になれるよう、安全と品質をますます高め、関係する方々に選んでいただき、社員とともに成長できる物流企業を創っていきます。

代表取締役 会長
玉山 貴章

代表取締役 社長 玉山稔章

ドライバー不足の今こそ、私たちのチャンス

近年、ドライバー不足が叫ばれていますが、私はこの状況がチャンスだと感じています。なぜなら国内に約83万人いるドライバーに対して、働きやすい環境さえ整えれば、いくらでも選ばれることができると考えているからです。

そんな環境作りへの取り組みを続けてきた丸玉運送にとっては、まさに今がチャンス。
具体的な対策として、私たちは次の4点に力を入れています。

1, 安全・品質管理を徹底

安全や品質管理に関しては、社内に専門の部署を設けています。
「安全教育部」では、新人教育や交通事故・事故再発防止に関して、動画も含めたオリジナルマニュアルを作成。さらに拠点長による安全会議も毎月行っています。
またコンプライアンス部では内部監査を行い、全国7拠点の安全・品質管理を統一しています。
2018年新設の「品質評価制度」では、車速や安全確認、車両や身だしなみの5Sなどの項目を会社と自身でチェック。安全・品質の意識の高いドライバーをしっかり評価し、待遇で応えます。

2, 安全性の高いトラックの導入など、ハード面の充実

丸玉運送では、まだ義務化されていない中型車にも、自動ブレーキ装置装着車両を優先的に導入しています。また交差点での巻き込み防止補助システムや、ドライブレコーダーのカメラを車内外4ヶ所に設置するなど、安全装置を積極的に採用。ヒューマンエラーの前に機器を用いることで事故を未然に防ぎ、コストよりも安全性を重視しています。

3, 風通しのいい社風で、働きやすい環境を整える

採用の際、真面目で協調性があるなど人柄を重視した結果、どの拠点も雰囲気がよく、年々定着率が上がってきました。チームワークは物流業の要。地道な積み重ねが「風通しがよい」「人間関係が楽」という社員の声に結びつき、お客様へのサービスにも繋がると考えています。今後は未経験者や女性ドライバーにも積極的に働いていただこうと、新人教育プログラムも整えています。

4, 機動力を活かし、幅広いニーズに対応

現在丸玉運送では約300台、15種類の車両を備えています。拠点は全国に7ヶ所、協力会社は約350社。この機動力を駆使して、お客様のさまざまなニーズに、迅速・安全に応えていきたいと思います。

これからも、社員とともに歩きたい

「丸玉さんのトラックは、高速道路でいつも左車線を走っていますね」とよく言われます。モノを早く届けることは大切ですが、私たちが一番大切にしているのは安全と品質管理。この容易ではないコンプライアンスの徹底に一番協力してくれたのは、ほかならぬ社員の皆様です。社員の努力がなければ、今の丸玉運送はありません。
これからも社員とのチームワークを大切に、新しい風も入れながら、よりよい会社を作るためにチャレンジし続けてまいります。

代表取締役 社長
玉山 稔章