トップメッセージ

代表取締役 松本康正

従業員とその家族を守りたい

私が経営において大事にしていることは、従業員とその家族の生活を守ることです。
運送会社の商品は、「運ぶ」ことです。つまりドライバーが商品力に直結します。
私は、運転手が帰社した際には必ず「ありがとう」、そして「おつかれさま」と伝えています。
また、ドライバーを支えている、事務スタッフも非常に重要です。
なので、彼らの生活、ひいては彼らの家族の生活を支えることは、経営上とても重要なことだと考えています。

彼らの生活を支えるための運送方針として、
”安全最優先、コンプライアンス遵守、輸送品質の向上”
を掲げています。

過ちを繰り返さない

昔から物流業界は、なかなか利益が出ない業界です。
必然的に長時間労働を強いてしまいドライバーの安全をおろそかにしてしまう傾向があるのも事実です。
そのような状況下、10数年前に従業員が大きな事故を起こしてしまいました。
従業員や社会の皆様の安全すらも守れない、そんな状況を生み出してしまった自分に深い反省を抱きました。
それ以来、安全をなによりも優先するようになりました。

お客様に安心を届ける

私は、荷物を安全・確実に届けることが第一であると考えます。
お客様と長い付き合いをさせていただくためには、お客様に安心していただくことが大切です。
信頼に応えるための労力は惜しみません。
事故防止のために、10年前からデジタルタコグラフを全車両に搭載しています。
最近では衝突防止補助システムを導入しました。
さらに、運転手本人が事故に対する責任意識を持つことが最も重要だと思いますので、安全に関する教育も徹底しています。
また、トラックだけではなくて、フォークリフトにも保険をかけています。
「お客様に安心を届けたいのです。」

従業員の成長を見守る会社

企業のトップは、従業員を信頼して「まかせる」ことが重要だと思います。
仕事を任せれば、ときに失敗をすることもあるでしょう。
ただ、それを受け入れてあげることが重要だと思います。
ただし、真剣に仕事をした結果失敗をしたのか、適当に仕事をして失敗したのかどうかは見極める必要があります。
真剣な上で失敗したのであれば、それは「成長」につながります。
私はそんな、従業員の力が十分に発揮できるような環境づくりに力を入れていきたいと思っています。

家族のような会社でありたい

一般的に、運送会社はマイナーなイメージがあります。
丸玉運送では、従業員はみな家族なのです。
お互いが、家族のように思いやりをもって接するから居心地が良い。
だから会社を10年、20年、なかには40年以上勤めてくれている従業員もいます。

丸玉運送に関わるすべての人を幸せにしたい。
その思いを胸に、これからも業務を全うしていきたいと思います。

株式会社 丸玉運送 代表取締役社長
松本康正

取締役 玉山貴章(株式会社丸玉運送豊川 代表取締役社長)

丸玉運送豊川の代表であり、丸玉運送全体の人材採用を担当しております。

我々物流業は、世の中に必要不可欠な仕事であるにもかかわらず、
悲しいかな “きつい、汚い、危険” の3K職種に位置づけられ、
若者の間で、人気のある職種ではないかもしれません。

また少子化、中型免許の創設、コンプライアンス強化、その他要因によりドライバー不足が年々深刻化している状況です。

トラックは生活や産業にかかわる大半の物資を全国各地に運んでおり国内物流の中心的役割を果たしています。

そんな社会的使命を担っている物流企業に人が集まらないということは、
社会も、運送業を営む我々も大変困ってしまうことになります。

それを解消するため、私たちは低く見られがちな業界の地位向上と、
物流企業に携わる人々が誇りと自信を持って働ける職場を作っていかなければなりません。

今後、次の世代の方々にもこの仕事に興味、関心を持ってもらえるような取組みを行い、
地域に愛され、社員が誇れる会社創りを目指していきたいと思っています。

取締役 玉山稔章(株式会社丸玉運送名古屋 代表取締役社長)

私は、丸玉運送名古屋の代表兼、全拠点の業務・営業管理を行っております。

弊社の強みは、大半の従業員が真面目で誠実、そして一生懸命コツコツ努力を惜しまず、愚直であることです。
また東海道沿線を中心に、関東〜関西まで拠点を構え、
そのネットワークを生かすことができる点も強みと考えています。

弊社の良いところは「人を大切にする」ということです。
社長は「長い目で見てみんなが得をするなら、目の前のことでは損をとる」
という考えの人間です。

安全第一、
利益よりも安全を優先して良いのです。

今後、数ある運送会社の中から丸玉運送を選んでくれた従業員の頑張りに多く報いることができる会社にしていかなければなりません。
そしてコツコツ仕事をする人間が称えられる風土を持つ、
そんな会社を創っていきたいと考えています。